Glassy Menpita Blog by Heads co.,ltd

GLASSY MENPITA BLOG

オトナの海水浴

 

海水浴規制が終わった鄙びたビーチ。

 

波は二の次。

 

スポンジボード、ノーリーシュで小波を楽しむ。

 

 

 

久々の3ラウンド。

 

海にあきたら、ハイキング。

 

その地の氏神様をお参りしたり、

 

風景を楽しんだり。

 

小高い山に登って、

 

さっきまで戯れていたビーチを見下ろしてみた。

 

 

夕方、夕日を見に海岸に行った。

 

明日はもう波はないだろうな。。。

 

地元の網元旅館。

 

 

獲れたての魚に舌鼓を打ち、

 

地酒を楽しむ。

 

食事が終わり、就寝前に温泉に浸かる。

 

しーんと静まった庭では鈴虫が泣いている。

 

翌朝起きて、宿から歩いて3分のビーチへ。

 

昨日、貸切で遊べた波は消えていた。

 

宿に戻って朝食をいただく。

 

 

楽しかったオトナの海水浴が終わる。

 

| Life | 11:57 | comments(0) |
お盆休み

 

世間では関東〜九州は台風がダブルで接近して

 

せっかくのスケジュールも変更をせざるを得ない人たちもいることだろう。

 

しかし喜んでいるのはサーファー。

 

一週間以上も波が続いている。

 

波情報的に表現すれば50△以上か。

 

しかし多くのサーファーはグランドスウェルがブレイクするポイントなどには縁がなく、

 

タイフーンスウェルからいかに逃げて

 

腰〜腹サイズのメローな波を求めてビーチブレイクに

 

朝も暗いうちから向かう。

 

そしてSNSを使ってポイントを晒し、

 

それをみたサーファーがそのポイントがどこなのかをググる。

 

その場合、写り込んでいる建築物や周りの景色がヒントとなる。

 

挙げ句の果てには「ここはどこですか?」とコメントを入れてくる。

 

とたんに次に台風が来た時には見知らぬ顔のサーファーが一挙に集結。

 

シークレットからパブリックへ。

 

しかしこれも時代の流れ。

 

拒否しようにもこの流れは止められない。

 

Go with the flow。

 

でもそんなポイントでも自分だけの時間を見つけることは可能だ。

 

今までの経験と勘を駆使し、ニッチなゴールデンタイムを探し当てるのも楽しいことかと思う。

 

健康な身体があって、波乗りできるだけでもめっけもの。

 

お盆休みとはただ単に連休・夏休みということではない。

 

ご先祖や身近で亡くなられた人たちがこの世に戻ってくるという言い伝えから生まれた期間。

 

あの世に行った方達からみたら、今の自分はどう映るのか?

 

今日の波は良かった、

 

渋滞が最悪、

 

などと考える前に

 

手を合わせて、

 

当たり前すぎる日常がいかに幸せなことかを感謝する期間でもあると思う。

 

そう考える自分。トシをとったなあと実感。

 

良い休日を。

 

 

| Life | 11:34 | comments(0) |
Malta Trip, May 2019

 

ご無沙汰しております。

 

突然ですが、5月にヨーロッパに行ってきました。

 

人生初のヨーロッパ。

 

行き先はマルタ共和国。

 

やっとトリップをまとめましたので、

 

お時間ありましたらご覧くださいませ。

 

ではでは。

| Life | 11:12 | comments(0) |
Pilgrim Surf+Supply x Rainbow Sandals

 

とうとう念願のカリフォルニア別注が出来上がりました。

 

苦節20年。

 

頑固なRainbow Sandals本社を説き伏せて。

 

BEAMSさんがプロデュースするPilgrim Surf+Supplyからリリースする

 

ツートンでしかも左右非対称カラー。

 

さすがPilgrimと言わざるを得ないアイディアです。

 

いままでUSA製の別注を拒否し続けて来たRainbow Sandals。

 

気分屋のRainbow Sandalsのことですから、

 

もう実現が不可能かもしれません。

 

このゴールデンウィークに是非ともゲットしてください。

 

 

 

| 商品案内 | 10:34 | comments(0) |
ありがとう、Hap。

 

カリフォルニア:サウスベイからまたひとりサーフレジェンドが引退した。

 

カリフォルニア・サーフィンインダストリーでは素晴らしい足跡を残したHap Jacobs。

 

にもかかわらずハデなパフォーマンスをするわけでもなく、

 

最近では一部の地元の仲間にボードをシェープしていた。

 

ぼくもDave Sweet Surfboardsのシェープルームが同じ敷地にあったため、

 

何度かあいさつをさせてもらった。

 

このHermosa Beachエリアは50年代〜60年代のサーフィン・ヒストリーには欠かせない場所。

 

じつはこの工場がある場所も偉大なるレジェンドの所有地らしい。

 

今まで撮った写真を探して感傷にひたってみよう。

 

 

| California | 12:42 | comments(0) |
ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
ARCHIVES
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

I JUST SURF CAUSE IT'S GOOD TO GO OUT
AND RIDE WITH YOUR FRIENDS.

Heads co.,ltd CEO / Hiro Sato

Keep on Surfing.