Glassy Menpita Blog by Heads co.,ltd

GLASSY MENPITA BLOG

とりあえず。

そろそろ台風波に乗っておかないとと思い鎌倉へ。

いつものビーチはサイズがなくダンパー。うねりのディレクションが良くないね。

そこでいつもは行かないリーフへひとり旅。


おっ、良さそうじゃん!


Glassy Menpitaの腹〜胸オーバー。

それにしても燃えるような太陽が印象的だった今朝。


週末も残るかなあ。。。

 
| SURF REPORT | 12:00 | comments(0) |
シルバーウィークという名の連休初日

大方の予想に反して、相模湾にもKROVANHのうねりは入っていた。


なぜだろう。

やはり、行ってみなとわからないのが「波」なのである。

朝から気持ちのよい朝を迎え、


サーフィンできることは至福の幸せ。


だからサーフィンのあとは漁港までちょっと足をのばして、地ダコとシラスを買ってきた。


これで晩の肴も万全。

あっさりした純米吟醸酒でちびちびと。

それでは良い週末を。

 
| SURF REPORT | 11:47 | comments(0) |
Summer time

海に行きたいけど、気が引ける日曜日の午前3時。

朝の4時に駐車場に到着しないと満車になるなて狂気の沙汰だ。

それでも鎌倉の海に向かう自分がいる。

昨日のオンショアは北東風のオフショアに回っている。


暗くて波がわからない4時半。
すでに駐車場は満車 . . .

それでもすでに着替えて、ゴリゴリと低い音を出しながらWAX UPしている人も。
早朝からこの騒音は近隣の迷惑。

ケイタイで大きな声で情報を交換し合う人も。
早朝からこの会話は近隣の迷惑。

知り合いに会ったのか大声で会話をして、大声で笑う。
早朝からこの笑い声は近隣の迷惑。


明るくなる前に我れ先にと海に向かう人々。
そしてはっきり波がみえないのに海に入り、危険なサーフィンに興じる。



日曜日で波があると波情報が発信すれば、おのずとこの状況になるとわかっていたけど、
ぼくはすでにこの時点で戦意喪失。
なんで来ちゃったんだ(笑)


波はといえば、腿腰。Glassy Menpita。
ピークを避け、人がいない場所を探し、ビーチを歩く。

仲間3人だけで、できる場所を見つけ、すぐにパドルアウト。
トロ厚いパワーのない波。
3本乗ったところでインサイドを見渡すと、見る見るうちにたくさんの人が。

それと同時に波が . . .  割れなくなった。
小さくなった。


神様のいたずらか(笑)

この時点でぼくの中では終了。

何をしにきたのだか。

早々にサーフィンを切り上げて、コーヒーショップで朝食を。

ふと海に目をやると、リーフの良い波が。


となりの庭は良く見える . . .

 
| SURF REPORT | 17:35 | comments(0) |
今日の鎌倉

THE DAYになる前に鎌倉のビーチへ。
腰腹サイズの割れそうで割れない気まぐれな波。
Glassy Menpita。
今日はC-Bucketでがんばっちゃいました。
でも欲を言えばもうワンサイズ欲しかった。
でも良い波だった。


週末はたくさんのサーファーが波を求めて早くから右往左往することだろう。
だから今日の波は貴重なんだ。

今日はうれしいことがふたつあった。
ひとつめ。
ショートボーダーの前乗りをしてしまった。
ひとつの波にふたり。
後ろを振り返り「ゴメン!」と手を挙げると、
そのショートボーダーは「乗って下さい!」とばかりに、
笑いながら両手を下からプッシュ。
結局安全な距離を保ちながらふたりでインサイドまで。
「ゴメンね。。。」
「いいんですよ。良い波ですね。」
という会話。
これだけで、この人には今度良い波を譲ってあげようって気になる。

気持ちいい朝。

もうひとつ。
波待ちのとなりのショートボーダーが、
「さっきはすみませんでした。」と、僕に謝る。
「えっ?」
「乗っていた波のラインの邪魔しちゃいました。」
この謝罪でこのサーファーの経験や技量がわかった。
この人には今度は良い波を譲ってあげなきゃと思った。

気持ちの良い朝。

このひと言で現場のムードはガラリと変わる。
その場で友達になる時だってある。

ああ、今日波乗りに行ってよかった。

気持ちの良い朝。

 
| SURF REPORT | 11:39 | comments(0) |
Dave Sweet x Scott Anderson

午前3時。ヘッズ出発。
夏の朝は早い。
Go North。

午前5時。ポイントに到着。
南西風弱。Foggy。
風が弱い証拠。
Glassy Menpita。
波のサイズは腰〜腹。


Long Johnに着替えて、Get Wet。
今日はScott Andersonがシェープした9'8" Pigに乗る。


クラシックなアウトラインを踏襲して全体の幅は狭い。
良い感じ。
ナローノーズも良い感じ。
pigといえば、FinはもちろんD Fin。


ノーズロッカーは抑えめ。テールキックは適度に。
ノーズとテールの厚さはやや薄め。良い感じ。
もちろんノーズコンケーブは無し。

ところどころで地形の良さそうなビーチブレイク。
テストライドににはもってこい。


パドルアウト。
変に幅広ではないので、パドリングがしやすい。
テイクオフ。
早い。10'0"並み。

波の中腹で、軽くターンを切る。
なんだこの軽さは。。。
本当にD Finが付いているのか??

ノーズコントロール。
やばい。ノーズコンケーブ必要なし。

Ryoちゃんにも乗ってもらい、
ふたりの寸評は「軽い!」だった。
何が軽いかって。重さではなく、動きが。

Ryoちゃん曰く、これでピグメントなどで重さを加えたら
もっとスピードが出るんじゃないかと。

一日だけのテストだったが、Scott AndersonがなぜMalibuの重鎮達に支持されているのかが
わかった気がした。

そしてDave SweetさんがScott Andersonを次期メインシェーパーに抜擢した意味が分かった。

いやはや、今後が楽しみなDave Sweet Surfboardsだ。
 
| SURF REPORT | 13:53 | comments(0) |
ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
ARCHIVES
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

I JUST SURF CAUSE IT'S GOOD TO GO OUT
AND RIDE WITH YOUR FRIENDS.

Heads co.,ltd CEO / Hiro Sato

Keep on Surfing.