Glassy Menpita Blog by Heads co.,ltd

GLASSY MENPITA BLOG

Surfboards

 

やっとScott Andersonのシェープしたサーフボードが上がってきた。

 

12月にカリフォルニアに行った際にオーダーシートを本人に手渡して、

 

苦節10ヶ月。

 

そもそも2月のインタースタイルに間に合わせてねってオーダーしたのに . . .

 

でも上がってきたものは、さすが!と言わしめるものだった。

 

10'0"のPig。

 

 

9'5"のPigと9'6"のPin-tails。

  photo : BRAVERY

 

波にバイトするであろうシャープなレール。

 

モダン・カリフォルニアスタイル。

 

 

こちらはMade in Japan。

 

Katsu Kawaminami、鎌倉:稲村ケ崎のカツさん。

 

Mini5。

 

 

6'0" 5Fins Bonzer。

 

 

鏡面仕上げのような素晴らしい出来映え。

 

 

ヘッズは

 

Dave Sweet Surfboards, California

 

Katsu Kawaminami Surfboards, Kamakura Japan

 

代理店です。

 

お問い合わせお待ちしています。

 

| surfboards | 16:10 | comments(0) |
Retro

 

1968年、Wayne Lynchによってデザインされたサーフボード。

 

まず惹かれるのがダブルエンダー。

 

そしてシングルフィン。

 

シューッとしたフィン。

 

現代の洗練されたミッドレングスは乗りやすいけど、

 

発展途上のクセある昔のサーフボードって魅力があると思います。

 

なんか人間くさい気がして。

 

The Involvement Dream from Nathan Oldfield on Vimeo.

| surfboards | 16:36 | comments(0) |
Dave Sweet Surfboards 2015
親愛なるBruce Grantがいなくなって早2年。

ぼくは昨年 12月にDave Sweet Surfboardsのメインシェーパーを求める旅に出た。

Malibu、Santa Monica、Log . . .

キーワードに合致するシェーパーはいるのか?

Santa Monicaに30年以上住むRyuzo君がぼくのパートナー。

彼はズバリと的確な答えを出した。

Scott Anderson。

しかしすでに名を馳せたシェーパーが首を縦に振ってくれるのだろうか。

Malibuを支配するJosh Farberow、そしてMarshall兄弟が全幅の信頼を置いているScottが。

Scott Andersonなら間違いなく適任者だ。

Ryuzo君はもちろんScottとは顔見知りで、アポイントはすんなりと取れた。

当日、工場に着くとScottは笑顔でぼくらを迎えてくれた。

開口一番、「さあ、どんなモデルを作ろうか!」

えっ、それって快諾ということか!?

問いただすと、「何を言うんだい、断る理由がないだろう。」


改めてこのエリアでのDave Sweetの偉大さが身に染みた。

ぼくが構想していた3つのモデル。

日本からプリントアウトしてきた資料を見ながら3人でミーティングだ。

そして今週、Ryuzo君から画像とともにメッセージが送られてきた。

もうすぐScott AndersonがシェープしたDave Sweet Surfboardsが見られると思うと

ワクワクする。

3モデルすべて、

Glass on Single Fin、

Volan Cloth、

仕様。
  

ラミネートを担当するAdamさんはClassicなLogのグラッシングが得意なクラフトマン。


1956年、世界で初めてポリウレタンフォームでサーフボードをビルドした男:Dave Sweet。

"The father of Foam"。




 
| surfboards | 10:54 | comments(0) |
職人

JACK REEVES from Doug Walker on Vimeo.

| surfboards | 16:09 | comments(0) |
K.K. Retro Tri-Fin.
 
最近、短板に目覚めたRyoちゃん。

katsuさんにカスタムオーダーしたのはRetro Tri-Fin。

レングスは6'6"だが、幅も厚さもあるので浮力はバッチリ。



なおかつテール幅も充分にあり、テイクオフが速そう。



ボトムは、ノーズエリアがターンの時にレールが喰わないようにエッジを丸め、

テールアリアはダブルコンケーブ&テールエッジ。



KatsuさんのモデルにないRetro Tri-Fin。

これは調子良さそうだぜ!

| surfboards | 10:30 | comments(2) |
ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
ARCHIVES
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

I JUST SURF CAUSE IT'S GOOD TO GO OUT
AND RIDE WITH YOUR FRIENDS.

Heads co.,ltd CEO / Hiro Sato

Keep on Surfing.