Glassy Menpita Blog by Heads co.,ltd

GLASSY MENPITA BLOG

HEAVYWEIGHT COLLECTIONS

ただいまBEAMS T原宿店内で、

ヘッズが日本代理店のHEAVYWEIGHT COLLECTIONSのPOP UP SHOPが開催中です。


かなりの反響でカラーによってはすでにSOLD OUTのサイズもでてきているようです。

HEAVYWEIGHT COLLECTIONSはカリフォルニア:サンクレメンテに本社をおく

16oz.の超ヘビージャージ生地を使い、ビッグサイズなシルエットが衝撃的なTシャツ。

スタイルは4パターン。


Classic-Fit

Classic-Fit with Pocket

Pro-Fit

Classic-Fit L/S with Rib

是非この機会に各スタイルを見比べていただきたいと思います。

他のブランドを圧倒するシルエットにきっと驚くことでしょう。


その他、手染めのインディゴ染めの受注会も行なっています。

この期間にしか手に入らない逸品。

お見逃しなく!
 
| EVENT | 17:55 | comments(0) |
Eddie would go

チャンピオンはJohn John

 
| EVENT | 15:24 | comments(0) |
インタースタイル2016

2/16〜2/18の3日間、パシフィコ横浜で開催されたインタースタイルに出展しました。

ヘッズにとっては20年来より毎年の恒例行事になっているインタースタイル。

たぶん最古参。

でもいつも最小ブース(笑)

そして狭いスペースにてんこもりのサンプル。
  

Scott AndersonシェープのDave Sweetはかなりの評判でした。


もちろんLinda BensonプロデュースのRail Grabberはたくさんの追加をいただき、


いまのシーズンたいへん重宝するSlide Hangerを着実に認知され、


Aaron Changの美しい写真に多くのみなさんが足を止め、


KEN THE FLATTOP描き下ろしのBO SPORTのウィンドブレーカーも最高という評価をいただき、


BO SPORTフリークの友人DeeさんはやっぱりBO SPORTのサングラスで現われて、


搬入日に足を骨折したエッセンススポーツの金井君は入院したものの、
奥さんのビッグウェーバー高橋すみえちゃんとそのキッズハル吉君が
がんばって接客し、


最大の出来事は、Rob Machadにヘッズのブースまで来てもらい、
Aaron ChangのBlacks Beachのフォトをみてもらい、
感激したRobに思わず作品にサインしてもらったこと。。。


それはぼくが、Robのサーフィンビデオを観て、彼がいかにBlacks Beachを愛しているかを
知っていたからこそだったと自負している。


また宝物が増えてしまった。

多くの取引先様や友人・知人、それに3日間で親交を温め合った両隣の同業者さん達に
感謝、感謝。

あまり営業に伺わないぼくにとって、インタースタイルはとても大切な場。
本当にみなさん、いつもありがとうございます。

そしてこれからもよろしくお願いします。
 
| EVENT | 11:21 | comments(0) |
久々のFlea Market!

告知です。

6月20日(土)にCalifornia Dayというイベント内のフリーマーケットにヘッズが出店します。
場所は逗子のsurfers
最高なロケーションで、初めて行かれる方はビックリされるのではないでしょうか。
もはや日本ではないような。


あまりブースは大きくないようなので、たくさんいろいろは持っていけませんが、
厳選したヘッズらしいものを並べようと思います。

フリーマーケット以外でもたくさんの楽しいイベントが用意されていますよ。

交通に関しては結構不便なのですが、
クルマが用意できない方は、JR逗子駅より毎時15分および40分発(始発9:40)の送迎車を準備してます。
またクルマの方は逗子海岸駐車場が便利です。
駐車場内では地元野菜を販売しているお店や食事のできるお店もあります。
それらのお店でいくらか買い物をすると駐車料金が割引されたと思います(たぶん)。

当日の朝一はたぶんサーフィンできるだけの波はあると思います!
アフターサーフィンはsurfersに集合!

みなさんにお会いできることを楽しみにしています。
よろしくお願いします。

 
| EVENT | 10:21 | comments(0) |
CLUTCH COLLECTION

昨日は横浜の大さん橋で開催されている展示会「CLUTCH COLLECTION」に。

今年最高気温のなか最高なロケーション。

波止場には海外の大きな客船が停泊している。

きっと、日本ってこんなに暑いのかって思っていることだろう(笑)

出展社は日本ブランドが多く、特にデニムに特化しているブランドが多かった。
デニムと言えば日本といわれるほどに成長した背景には、
日本特有の「アメカジ」好きが大きな理由だと考える。
ブランドの大小かかわらず、職人気質なコダワリを持つマニアたち。
ここにデニムを支えるheritageがある。

ここ最近、流され続けた自分を見直すいい機会となった。
また自分の好きな服を、モノを、サーフィンを歴史から勉強し直して、
古き良きカリフォルニアサーフスタイルを極めよう。
それは洋服屋さんにはできないことだから。
カリフォルニアに行かないとわからないことだから。

そしてそんなぼくの気持ちを高揚させてくれたヤツに出会えた。
Maison Dyer。


以前からお付き合いさせていただいているキヨモの岸田社長が手がけるDyer Brandの張本人だ。
岸田さんは、Chris ChristensonサーフボードやCaptain Finなどいままでカリフォルニアのブランドを
手がけてきた。
カリフォルニアつながりでいろいろ話をさせていただくことがとても楽しい。
そんなキヨモさんがこの展示会にDyer Brandを出展した着眼点が、まさに「やられた!」という感じだった。
50's好きなDyerがプロデュースするプロダクトはいままでのサーフブランドになかったコンセプトを感じた。
ぼくのシャツを見るなり、Dyerもやられた!という顔をした。
なぜかというと、このAtomic柄のファブリックでパーソナルなボードショーツを作っているから。
そんなのBoSportでも作っているよとぼくが画像を見せつける(色違いだけど)。
お互い大笑い!
でも彼のプロダクツも少し詰めが甘い部分があって、正直ホッとした(笑)

そして何より彼が住んでいる場所はSouth Bay。
ぼくが大好きなP.V.Coveがフェヴァリットだという。
いや〜いい出会いがあって、暑いなか出向いた甲斐があったというもの。
岸田社長ありがとうございました。

 
| EVENT | 10:36 | comments(0) |
ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
ARCHIVES
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

I JUST SURF CAUSE IT'S GOOD TO GO OUT
AND RIDE WITH YOUR FRIENDS.

Heads co.,ltd CEO / Hiro Sato

Keep on Surfing.