Glassy Menpita Blog by Heads co.,ltd

GLASSY MENPITA BLOG

wonderful weekend

この週末は本当に楽しい週末だった。

まずは土曜日。

日本を代表するウィメンズロングボーダーRobayこと丸山良子ちゃんと、
これまた世界に通用するジャパニーズスタイルマスター瀬筒雄太君に会いに
リニューアルした太東にあるYRへ。

お店に着くなり雄太君のリラックスした笑顔で出迎えてもらう。
今回はいつも楽しくサーフィンする仲間のTsutomuとJuneちゃんの3人。
Tsutomu君、運転ありがとう!


雄太君のような素晴らしいプロサーファーに会えるチャンスがあるなら、
3人でレッスンしてもらおうということになる。

そんな話しをしていると、裏でランチの仕込みをしていたRyobayが登場。
ビッグスマイルでぼく達を迎えてくれた。

そして気がつけば雄太君とぼくのこの日のファッションがほぼ一緒。
みんなで大笑い。


とても楽しい土曜日になりそう。

雄太君のナビでいろいろなポイントを教えてもらって、
結局、御宿が一番良いコンディションだったので、みんなでサーフ。


海の中での的確な雄太君のアドバイスに3人は目からウロコ(笑)
本当に素晴らしい時間を過ごすことができた。

そしてランチは再びYRに戻り、Ryobayお手製のオーガニックでヘルシーなカレーをいただく。
美味しい!


民家をリメイクしたYRの奥座敷空間には時間がゆっくりと流れる。
またふたりのアットホームで素敵な性格がとても心地よい。
また立ち寄ることを約束してYRをあとにする。
 

そして日曜日。

カリフォルニアに行く時は必ずといっていいほど立ち寄るTyler Hatzikianのお店。
そしてぼくも昨年12月にNoseriderをオーダーした。


そんなTylerが久しぶりに来日した。
Tylerの顔を見るなり、スゴくうれしかった。
お互いに再会をよろこび男同士のハグ(笑)


「Hiro、元気だったか?痩せたか?Noseriderには乗ったか?」
矢継ぎ早の質問攻め。
けっして流暢な英語は話せないが、なんとか意思の疎通ぐらいはできる。
ああ、楽しいなあ。
今回は本当にショートトリップでサーフィンする予定はないという。
それでも日本の文化に触れて、楽しい時間を過ごしているという。
今度はカリフォルニアにはいつ来るのか?
その時は一緒にサーフィンしよう。
板は必要ないよ、ぼくのパーソナルボードを貸してあげるから。
またカリフォルニアでの楽しみが増えた。
そんな友達同士の会話がうれしい。
きっと栄子さんも喜んでいると思う。

こんな感じで日本とカリフォルニアのスタイルマスターに会えた週末。
まさにI had a very good time.
ありがとう、みんな。


 
| Surfing | 11:23 | comments(0) |
DEVON HOWARD
こんな素敵なサーフィンができたらいいなあ。

って、思うのもサーフィンの楽しさ。


 

DEVON HOWARD SURFING A 7'2" EGG from erik derman on Vimeo.

 

| Surfing | 19:23 | comments(0) |
ノースショアのシーズンですね。
背伸びするつもりはありませんが、この時期になるとASPのハワイレグが気になります。

facebookで知り合いがUPしたこの動画を観てワクワクしました。

デカイ波であのパフォーマンスをする彼らはまちがいなくプロフェッショナル。

100の能書きよりこの動画を一回観れば、いつものサーフィン博士も黙ってしまう。

こんなすばらしいハイレベルなサーファーがいるからこそ、

レベルには雲泥の差があるにしろぼく達も自分をプッシュできるのだと思います。

何度も言いますが、サーフィンはすばらしいですね。



 
| Surfing | 10:55 | comments(0) |
feminine!
男子のコピーでなく。

女性らしくしなやかで。

素敵です。

やられました...

| Surfing | 10:01 | comments(0) |
海の事故
ぼくが海に行った7月8日。

同じポイントでスタンドアップパドルボードとロングボードの接触事故があったそうだ。

ロングボードに乗っていた女性は重体。

しかし昨日、亡くなったと聞いた。。

当事者ではないので詳細はわからない。

しかし、ふたりともいい波を求めて、楽しむために海に来たことは確かだと思う。

ふだんは穏やかで、他のポイントよりも2サイズほど小さいメローな波が、僕は好きだ。

Eikoさんのお気に入りのポイントでこんな痛ましい事故が起こるなんて。

つらすぎる。


自分は気をつけていても、他から災難は襲ってくる時もある。

いや、襲ってくると思った方がいい。

特にインサイドまで波を乗り継いだ時、余韻に浸っていると沖から別のサーファーのボードが。。。

ってこともある。

途中でワイプアウトした時もそうだ。

セットは1本だけではないから、自分が乗った波の次の波にも違うサーファーが乗っていると思った方がいい。
海中に巻かれて、苦しくて、やっと海面に顔を出した瞬間にサーフボードが迫っていると思った方がいい。

インサイド、ミドルセクションではボーッとしていてはダメだ。危ない。

ああ、しかしなんてことだ。

あんな良い天気で波がある日に、こんなことが起こるなんて . . .

 
| Surfing | 12:01 | comments(0) |
ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
ARCHIVES
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

I JUST SURF CAUSE IT'S GOOD TO GO OUT
AND RIDE WITH YOUR FRIENDS.

Heads co.,ltd CEO / Hiro Sato

Keep on Surfing.